スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ミニ旋盤物色中

    基本旋盤物は旋盤屋さんにお願いしているのですが、追加工したり、急にピンを用意しなければならない場合があったりと
    何かと旋盤は必要な場面が多いです
    そこで本格的な旋盤は置き場所も大変ですし、金額も...なのでミニ旋盤が丁度いいのかと思っています

    ミニ旋盤で検索すると、いろいろなメーカーさんがあって、これまた迷うんです...WW
    ミニ旋盤に取り付けるフライスキットなんてのもあったり

    旋盤は学生の頃に少し触っただけですが何とかなるでしょ!

    木型屋さんの旋盤と言えば木工旋盤です(話それますよW)
    この木工旋盤はバイトを手で押さえて挽いていきます!
    よく野球のバットを作る職人さんが使っているのが木工旋盤です
    この木工旋盤で先日とある物を製作(せがまれて...)したのですが
    このお話は次回紹介したいと思います。

    機械メンテ

    前回の記事から引き続きメンテ関連です。

    過去のメンテですが画像が残ってました!
    B軸の回転部からの油漏れです。

    ヘッド-3

    ヘッド-2

    ヘッド-1

    症状は、ただの油漏れですがここまで分解しないと直らないのでした。。。
    機械も古くなりますとトラブルが発生しやすくなります
    常日頃のメンテナンスは古くなる程欠かせなくなります

    現在は絶好調に動いております!

    今年も残りわずかになりました、皆様安全第一で頑張りましょう!

    メンテナンス

    加工機のメンテナンス時期になりました
    ワンシーズンに1回のグリスアップ(年4回)
    LMガイドとボールネジにたっぷりとグリスを注入します!

    5軸ヘッドの調整も合わせてしちゃいます!

    B軸の垂直度の調整(Z軸を上下に動かしてピックが振れないようにパラメータの#1850 グリッドシフトの値を調整します)
    精度1-1

    C軸の同心円度の調整(C軸を回転させてピックが振れないように調整ボルト(4カ所)で調整します)
    精度2-1

    さらにスピンドルの冷却水と油圧の油交換もする予定です
    もっと早く実施する予定がノビノビに...

    故障が続いてます

    先日のBC軸の信号線が直って間もなく、またまた故障です

    NCのエラーメッセージにSV003が表示されています
    このエラーメッセージが出るときはアンプの故障

    黄色いお店に連絡を入れると、交換の指示を頂きました。。。

    今回はSV003がA,B,C軸に出ているのです、A軸はシングルアンプですが、B,C軸はダブルアンプでお値段もダブル(滝汗)

    F1-1.jpg

    故障したのが土曜日でサービスに電話したのですがお休みでした。。。
    ダメ元で日曜日に再度連絡してみると、修理受付の方がいらっしゃいました(ありがとうございました!)
    早速部品手配をお願いさせて頂き、翌日の午前には部品が届きました


    F2-1.jpg

    先ずは中身の確認です!
    左がB,C軸用 右がA軸(ATC)用です

    F3-1.jpg

    この写真はB,C軸のアンプの配線取り付け途中です
    ブレーカーを落としているので、エアコン無しの強電盤の中に潜るのはかなり厳しかったです

    F4-1.jpg

    再度配線を確認して、ビスの緩みがないかを確認後
    いよいよ起動です!
    ドキドキしながら、待っていると無事0(READY)が表示されました!!(故障時は8)
    これで購入時から交換していないアンプはX軸のみとなりました
    BC軸は2回目なんです(ダブルアンプ壊れやすいのかも。。。)

    心当たり有り。。。

    先週の事ですが、機械加工中に突然スピンドルが停止してしまいました

    状況はB、C軸が回転している途中でスピンドル停止になります
    NCはスピンドルアラームのエラーメッセージ
    スピンドルアンプもアラーム番号が表示されていました

    さてさて、どちらに修理連絡したら良いのか?(どちらは、機械修理メーカーかスピンドルアンプメーカーです。)

    現象がB、C軸特にC軸が旋回するときに起きるので、信号線か動力線が切れかかっているのかもしれません
    で、機械メーカーに連絡して無事修理が完了しました

    原因は心当たりがあるのです
    実は5軸加工のプログラムで可動範囲をC±90°からC±180°に変更したばかりでした
    今までの90°から一気に倍の可動範囲になったので、機械のケーブルに負荷がかかったのだと思います

    しかし、不思議な事に急ぎの加工の時にかぎって故障するんだよな~

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    07 ≪│2017/08│≫ 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。