スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    二次災害

    「放射線がうつる」千葉で福島の避難児童に差別

    福島の避難所から船橋市に避難してきた兄弟は3月中旬、市内の公園で遊んでいると
    方言を耳にした地元の子供たちから「どこから来たの?」と聞かれた。
    兄弟が「福島から」と答えると、みな「放射線がうつる」「わー」と叫び、逃げていった。
    兄弟は泣きながら親類宅に戻り、「嫌がる子供を我慢させてまで千葉にいる必要はない」
    と考え、福島市へ再び避難した。



    これは二次災害じゃないか?
    メディアではすでに原発事故の影響で差別的な事が、おきている事が報道されていたはずだ!!
    教育者でない自分でもこんな子供達が出てくることは簡単に想像が出来ます!

    被災者を受け入れる側は、子供達や親・住民に放射能の影響は無い事・温かく迎え入れて欲しい事などを受入前に充分に説明をすべきでは?
    臨時の説明会を開いたり回覧板をまわしたり、いくらでも説明は出来るはず
    それが出来ないのであれば受け入れは考え直して欲しい!(どうか慎重に御願いします)

    被災でつらい思いをして、避難してきた先で差別されて、また避難。。。
    この兄弟の悲しみは。。。
    とても悲しい出来事でしたので書かずにいられませんでした。

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。