スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    塗装のポイント(社内用)

    検査治具の仕上げに塗装をします
    今回は塗装のお話です
    うちでは工場が狭い事もあり塗装は刷毛塗りです

    刷毛塗りはよく難しいと言われますがポイントを押さえれば誰でも綺麗に塗装する事が出来ます

    ポイントは三つです

    塗装面にだいたい2~3回(色により回数が違います)塗装します
    1~2回は下地のつもりで楽に塗装してもOKです
    乾燥したら下地をペーパーやすりでならします

    一つ目のポイントです
    ペーパーをかけて光にかざすと、かけた部分とかかっていない部分で見え方が違ってきます
    これを全て同じ見え方になる様にペーパーをかけます
    ここを丁寧に作業すると仕上がりが綺麗になりますので、手を抜かないで下さい

    後は仕上げ塗りです

    二つ目のポイントです
    仕上げの塗料は若干薄め(ラッカーで調整)にして下さい、逆に下塗りの塗料は若干濃いめにしましょう

    三つ目のポイントです
    塗装中にエアコン・扇風機・換気扇等、風が流れる機器は全て止めましょう
    風が流れると塗料が早く乾きすぎて刷毛目が消えません

    この他にも細かい注意点がいくつかありますが、まずはこの3ポイントを押さえれば綺麗な刷毛塗り塗装が出来るはずです。

    では

    人気ブログランキングへ1クリックで元気になれます ^^

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。