スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    西ドイツの木型作り

    以前の職場に富士電機の木型場の工場長だった方がいらっしゃいました

    まさに木型と共に生きて来られた方で、出来ない事は何もない
    原図・木取り・旋盤・研ぎ・・・
    何をしても簡単にやってのけてしまう

    僕が教えて頂いてた時で70台だと思いますが
    本当にスゴイ人で尊敬していました
    このような人たちが、水力・火力発電所の鋳物型を作り日本は発展してきたのだと思います

    そんなスーパーな工場長でも驚きの出来事があったそうです

    工場長が現役の頃、木型の材料といえば姫子松ですが
    西ドイツでは発泡スチロールで木型を作っている事を人伝に聞いたそうです

    ですが、当時はでたらめな話しだと思い本気にしなかったそうです

    その後、発泡を使って鋳物型を作るようになった時に、当時の話しを思い出したそうです
    西ドイツの木型作りは10年進んでいいることを。。。

    今日はクリスマスイブですね~ケーキ買って帰ります

    では

    人気ブログランキングへ
    1クリックで元気になれます ^^

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。