スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    いろいろな先生

    学生の頃授業を受けると、先生が黒板に書いた文章をノートに書き写す事をしたと思います
    そんなノートのとり方のお話しです

    ちょっと真面目なお話ですよ

    通常の授業では、先生が教科書を解説しながら黒板に要点等を書き、それを生徒が書き写すのが一般的かとおもわれます

    しかし黒板の文章を早く書き写さないと、どんどん消されてしまいます
    その為どちらかと言えば、先生の話を聞くより書き写すのが忙しかった様に思います

    自分が中学生の時の社会科の先生は、全く違った授業をしていました

    まず、授業が始まると先生がひたすら黒板に文章を書き始めます
    これが非常に解りやすく、試験前に見直すときも要点が解りやすく参考書など不要でした

    次にこの黒板を写す時間を与えてくれます
    ここが普通の先生と違うところで、完全に書くと話すを切り分けていたのです

    それが終わるとようやく、先生が解説をしながら授業が始まります

    感心してしまうのが、その日の授業内容は、いつも黒板一枚で終わるのです

    こんなに解りやすい授業をしてくれた先生ですから、当然テストもみんな高得点でしたし、何より社会科が好きになりました

    他の先生の時には騒いでしまう同級生(自分も含め)も、この先生の授業は、一生懸命にノートをとり、先生の話しをしっかり聞いていたのが印象に残っています

    こんな経験から、僕も若い人たちに説明するときは、極力紙に書いてから説明するように(逆もあり)心がけています

    物の伝え方の本質を教えて頂いた先生のお話でした、ご静聴有難うございます。

    では

    人気ブログランキングへ
    1クリックで元気になれます ^^

    コメント

    なるほど!

    いわれてみればその通り。
    教えるというのは記録を残すのではなく、記憶に残すのが目的ですからね。

    明日から私も再チェックしますw

    ありがとう

    @SUGI_7さんコメントありがとう!うれしいです!

    >教えるというのは記録を残すのではなく、記憶に残すのが目的

    確かに!
    特に記録に残す勉強は、記録した時点で安心して身につかない場合が多いです。
    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。