スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    塗装完了

    2型分の脱着駒の塗装が完了しました

    駒2-1

    そもそも検査治具における駒(脱着駒)はどのような役目があるのでしょうか?

    1.製品の着脱を容易にするため
    形状が有ると製品の取付けが困難な場合

    2.異なる測定を行う
    製品基準(製品から0面差・3スキ等)の駒や相手部品(製品の周辺部品)の再現駒など複数の測定を行う場合

    3.規制の有無
    主にコア側ですが、リブ・ボスなどの規制が有無の場合を確認して、不具合の切り分けを行う場合

    この様な理由から最近の検査治具は駒が無い場合が珍しいです
    少し真面目な検査治具のお話でした。

    製造業ブログランキングに参加しています。
    人気ブログランキングへ
    クリックで元気になれる ^^

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    09 ≪│2017/10│≫ 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。