スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    喜んで~

    海外で製作された検査治具の精度修正&改造が続いています

    メーカーの担当者の方から、他のメーカーで製作したのですが直して頂けますか?
    と問い合わせを頂きました

    喜んで~
    だって、勉強できるじゃないですか!
    なかなか同業者のゲージを見ることも少ないのに、海外の検具屋さんのゲージが見られるのですから

    早速、引き上げてきてジックリと観察ですw
    ベースはアルミ溶接なのですがかなり上手く組み上げています
    補強の入れ方は、勉強になりました

    全体に統一感が無いかな~同じ座面がのる部分に(RH/LH)片方は□50mm、もう片方は□40mm
    さらに木ねじが全てバラバラorz(ねじを外した時にマークしておかないと...)

    後は樹脂ブロックが少し柔らかすぎる?かな~
    座面の精度をチェックして木ねじで締め直すと、ほぼなめてしまいますorz

    感心させられたのが、データです
    全ての形状がモデリングされています!(そこまで必要か?とも思いましたが...)
    例えば、キャスター、銘板等

    しかし数年前にも海外のゲージを修正したのですが、着実に出来がよくなりつつあります
    今は物をとにかく作る(形にする)事で一杯の感がありますが
    見せるゲージ作りに目覚めると、少し怖い存在かもしれません

    その日のために、今日もがんばります!

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。