そうなんだ!

    最近ドリル穴をあけてノックピンを入れると緩い事がありました
    通常ドリルは、その径より小さくなるのですが...
    ノックピンがプラス公差なので叩き込んで入れていたのです


    おかしいと思いまず機械のスピンドルの振れをチェックしました
    スピンドル端面から300mmの所で1000分台しか振れません
    次にチャックの振れを調べてみました
    スピンドル端面から150mmの所で約0.03振れていました

    これじゃ穴大きくなるはずorz
    確かに振れの多いチャックは年代物ww

    チャックが振れるなんて全然認識無かったのです
    工具屋さんに聞いてみたのですが、消耗品だそうです

    突き出しを長くした加工が多いと曲りが早いのだとか
    確かに無理な加工をしてきました

    あと、テーパーの減り、チャックとコレットが密着するテーパーの減りと汚れも悪影響があるようです

    うちのチャックも年代物が増えてきたので、思い切って全て入れ替えました!
    新しいチャックでガンガン削るぞ~

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    07 ≪│2020/08│≫ 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント