スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    変えて行きましょう!

    WEBでのお問い合わせを頂いております。
    そのお話の中で多いのがコストを下げたい!とご希望されている部品メーカー様が最近多くなりました。

    「検査治具の仕様は今のまま、コストが安ければ安いほど良い。」

    ???

    このスタンスでは、残念ながら弊社の得意なコストダウンの提案が出来ません。

    今まで製作してきた検査治具に無駄は無いか?
    検査治具使用者・仕様立案者・木型屋3者を含め徹底して無理・無駄を無くせばコストは自然と下がるものです。

    多い事例が、現場で必要としている形状と仕様立案者が書いている仕様にかなりの相違があります。
    どうしても立案者は安全を見込んでもれなく設計しがちですが、実際は不必要な部分も製作している事が多々あります。
    不必要な部分を作らない事によってコストは自然に下がります(不必要な部分に限って作りにくい事が多いのです)。

    「安くする為にどうしたらいい?」

    と聞いて下さい!安くするノウハウは一杯持っていますので!。
    スポンサーサイト

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    08 ≪│2012/09│≫ 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。