スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    何故今まで...

    NCで駒などを加工する場合、駒をセットする位置をNCでケガキを入れています。
    まず、先端の尖ったケガキ針でケガキを入れます。
    次にその溝に鉛筆でなぞって線を入れます。
    そんなある日プロッター(図面の作図機)の動画を見ていてひらめいたのです!
    チャックにボールペンをつかんでケガキ線を書けないのか?
    早速実験をしてみました。
    ボールペンをつかむのは簡単でしたが、回転と送りにより線がかすれたりするのを改善しました。
    結果、大幅な工数削減になりました。
    特に個数が多い時には効果を感じられます。
    何故今まで...
    スポンサーサイト

    ドイツより到着!

    先日お伝え致しましたチップですがやっと手に入りました!
    先週早速取付けて加工してみました。
    外周刃が切れるので仕上がりが美しい!

    その後、国内のあらゆる所(商社さん・中古機械屋さん・電極加工屋さん等)を探してみましたがやはり見つかりませんでした。

    このチップニーズ無いのかな~
    出入りしていた金型屋さんは結構使っていたのですが...

    何気なくweb検索をかけると、eBay(オークション)に出品されているのを見つけました。
    ですが、配送地域がドイツ国内...
    結構eBayで同型のチップ出品が数点ありましたが、海外配送をされている出品者は見つけられませんでした。
    さらにweb検索をしたところ、ドイツのwebshopで同型のチップを見つけました!
    さらにwalter(ドイツのチップメーカー)のカタログを調べたところ、外周刃も切れ刃のタイプ(G88)があるのを見つけました。
    このタイプはOSGに何度となく問い合わせをさせて頂いてまして、切れ刃の外周刃のラインアップをお願いしていました。
    本国では前からあったんですね(汗

    さて、見つけたは良いけど、どうやって購入するか???
    このwebshopもドイツ国内しか配送していただけないようです。

    いろいろ探してみると、輸入代行業者なる方がいらっしゃる!
    型番と購入個数、webアドレスを連絡してみます。
    直ぐに回答を頂き「購入可能です」との連絡を頂きました!

    先端のR刃と外周刃を合わせて80個注文しました。
    これでチップの心配は無くなりました!

    コスト的には
    ・物品代金
    ・配送料(ドイツ+日本国内)
    ・ドイツ国内の税金(付加価値税19% 高いです...)
    ・輸入代行業者の手数料(物品代金の20%)

    この手数料で国内で入手出来ない物が買えるので自分的には本当に安く感じました。
    中には日本で買うより安いチップホルダーもあったり、日本で販売していないタイプのホルダー多数もありました。

    海外製のチップをお使いで廃盤でお困りの方は海外のwebshopと輸入代行業者を探してみるのをお勧め致します。

    廃盤~

    弊社で使用しているチップ交換式のボールエンドミルがあります。
    かれこれ20年以上使用していて、このボールに合わせて様々な加工条件・マクロなどを作り込んできました。
    購入当初はR刃のエッジにチャンファ(角をつぶしてある)付きの物しかなく切れ味が今一つでしたが、2年後に切れ刃が発売になり、以来ずっとこ切れ刃のチップを使用してきました。

    替え刃はいつでも買えるとの安心感から、ほとんど在庫をせずにいました。
    最近ふと気になり、商社さんに問い合わせたところ、「廃盤です」....
    知っている商社さん3社ほど当たってみましたが、「廃盤です」...
    最後の賭で、販売元に問い合わせましたが、「廃盤です」...

    「廃盤です」...
    このチップが無いと検具製作に支障が出るくらい大切な物です。(なら在庫しとけよ!って話ですが(汗))

    このチップの製造元はドイツなので、ドイツのWEBSHOPを中心に探しまくりました。
    ebay等のオークションでは結構出品が有ったのですが、なかなか情報が集まりませんでしたが、数ヶ所のWEBSHOPで同じ型番のチップを見つけました!
    しかも日本では発売されていない、外周刃のチャンファ無しも見つけました!

    問題はドイツからどうやって購入するかです...
    今現在この事で色々と思案中です。
    決まり次第またご報告させて頂きます。

    先ずは同じ物が見つかったので良かったです。

    もっと早くだったかな?

    最近NC加工機の故障が相次ぎ発生しました。
    一度故障すると、基盤、アンプ、出張料などでかなりの修理費が出てしまいます

    2ヶ月程前に故障した折に、サービスの方から保守契約を勧められていました
    ですが、壊れないときは何年も大丈夫なので入らずにいたら。。。

    ど~んとやられましたorz
    詳しくは、故障が続いています をご覧下さい。

    後悔先に立たずとは、まさにこの事。。。とほほ

    機械も古くなれば故障も増えるので
    NCの保守に入りました!
    NCの保守って高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが
    意外と?リーズナブルでした(うちとしてはですが、あれだけ払えば。。。)
    うちのNCは15Mなので一年間で7万円ですが
    最近のモデルであれば5万円です
    (キーシートとバッテリーとサーボモーターは保守の範囲外です)

    これで雷も怖くないです!(今まではビクビクでしたよ)
    もっと早く入っておけば良かったな~なお話でした。

    なめちゃいかん!

    先日アクリルを加工していたときの出来事です

    Φ2のフラットエンドミルで3.1mmの溝を加工して寸法チェックすると
    2.9mmしかない。。。
    エンドミルを新しくしても変わらず
    データ間違えたか?と確認もしたが、間違いない

    何で~

    しばらく考えたました、もしかして刃物の倒れか

    刃長の短いエンドミルに取り替えて加工すると
    寸法がばっちり出る

    Φ6位だと倒れようもないので寸法が出るのですが、さすがにΦ2は無理です
    完全にアクリルをなめていました

    情けない話しです、樹脂ブロックと同じに考えていたのです
    と言うか加工を軽く考えすぎていた結果です
    あれほど金型屋さんでチャックの干渉が無ければ1mmでも短く咥えろと教わったのにorz
    基本の大切さを思い出させてくれた加工でした。

    では

    人気ブログランキングへ1クリックで元気になれます ^^

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    06 ≪│2017/07│≫ 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。