スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    問題の先送り

    先日自宅のとある場所から大量に子供建ちが通っている塾の宿題が見つかりました

    嫁ちゃんは、大噴火してましたが僕は子供って凄いな~って
    まさに政治家の問題先送りだな~なんて感心してしまいました

    誰に教えてもらった訳でもなく、自己防衛???の為問題を隠す
    これは宿題プリントだから許されるのですが。。。(嫁ちゃんは許さず。。。)

    今一番大問題の原発!これは先送りではなく自分達の代でなんとかケリをつけないと、子供達にバトン渡せないじゃない
    自分が声に出してもどうなる問題ではないけれど。。。
    原発以外にも公害・薬害・年金問題・国の借金等様々な宿題が先送りされています

    そもそも先送りって教育上良くない!
    子供達に政治家さんも問題先送りしてるよ!とか言われたら
    うーん困った。。。
    でもその時は言ってやります
    「お前も政治家になりたいのか?」って
    スポンサーサイト

    いろいろな先生

    学生の頃授業を受けると、先生が黒板に書いた文章をノートに書き写す事をしたと思います
    そんなノートのとり方のお話しです

    ちょっと真面目なお話ですよ

    通常の授業では、先生が教科書を解説しながら黒板に要点等を書き、それを生徒が書き写すのが一般的かとおもわれます

    しかし黒板の文章を早く書き写さないと、どんどん消されてしまいます
    その為どちらかと言えば、先生の話を聞くより書き写すのが忙しかった様に思います

    自分が中学生の時の社会科の先生は、全く違った授業をしていました

    まず、授業が始まると先生がひたすら黒板に文章を書き始めます
    これが非常に解りやすく、試験前に見直すときも要点が解りやすく参考書など不要でした

    次にこの黒板を写す時間を与えてくれます
    ここが普通の先生と違うところで、完全に書くと話すを切り分けていたのです

    それが終わるとようやく、先生が解説をしながら授業が始まります

    感心してしまうのが、その日の授業内容は、いつも黒板一枚で終わるのです

    こんなに解りやすい授業をしてくれた先生ですから、当然テストもみんな高得点でしたし、何より社会科が好きになりました

    他の先生の時には騒いでしまう同級生(自分も含め)も、この先生の授業は、一生懸命にノートをとり、先生の話しをしっかり聞いていたのが印象に残っています

    こんな経験から、僕も若い人たちに説明するときは、極力紙に書いてから説明するように(逆もあり)心がけています

    物の伝え方の本質を教えて頂いた先生のお話でした、ご静聴有難うございます。

    では

    人気ブログランキングへ
    1クリックで元気になれます ^^

    プロフィール

    cube

    Author:cube
    横浜で射出成形部品の検査治具を製作しています。

    主に自動車の内外装の検具が専門です。

    会社ではCADや機械達に遊んでもらっています。

    カレンダー

    05 ≪│2017/06│≫ 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    会社概要

    有限会社萩原木型製作所

    〒245-0017
    横浜市泉区下飯田町863-10

    TEL 045-802-8656
    FAX 045-801-0801

    E-mail
    hagiwara@hagiwara-kigata.com

    HP hagiwara-kigata.com

    最近の記事+コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。